No.42 Chair / Kai Kristiansen / 1957

y-170224-01
 
1957年、Kai Kristiansen(カイ・クリスチャンセン)氏デザインによる、ダイニングチェアです。
 
50年以上の時を経て、日本で復刻した際、座面に新素材を採用したことで、居住性の高さはオリジナルを超えるものとなっています。
 
可動式の背もたれと、ハーフアームから一体となった後脚、座ったときに思わずため息が漏れる座り心地は
他の椅子を探しに来た方が思わず惚れ込んでしまうほど。
 
昨年に木部のフレームをより繊細に、オリジナル初期モデルに近づけたことで
より美しいシルエットになりました。
 
y-170224-00
 
デザイン性、機能性を併せ持つ、誰もが納得する北欧の名作チェアの一つです。
 
 
No.42チェアの詳細やご購入はこちら>>