導入事例ページを更新しました!

導入事例,カスタマースタイリング

プールアニックでご購入いただいた家具などを
お客様がどんな風にコーディネイトされているのか、一般住宅から商業施設まで、導入事例をご紹介。
暮らしを愉しむヒントに。

詳細はこちらから>>


PH50 Pendant Light / louis poulsen

PH50-1703-000
そのあまりにも有名な、まさに”THE LIGHT”とも言えるペンダントライトは、Poul Henningsen(ポール・ヘニングセン)によって生み出されました。
 
シェードが電球を包み込むように設計されていることで、眩しさがなく、尚且つ、必要な方向に光が効率よく導かれています。
 
PH50-1703-001

ph50_02

日本の住宅では、照明は天井近くに設置され、部屋を煌々と明るくすることが一般的ですが、PH50ペンダントライトは、テーブルの天板からシェードの最下端が63~70cmの位置が最適です。
 
“照明によって、夜が昼になってしまうようなことには、私はなって欲しくない”
 
とポール・ヘニングセンが語るように、空間に浮かび上がるように優しい光を放つPH50は、夜と昼のリズムを大切に、灯りを愉しむデンマークの暮らしから生まれた傑作です。
 
 
PH50/ルイス・ポールセン社商品詳細はこちら>>
ポール・ヘニングセンとPHシリーズコラム>>


Paper Knife Sofa / Kai Kristiansen / 1956

PK-170312-01

カイ・クリスチャンセン氏デザインによるソファ、ペーパーナイフ。
その名の由来ともなった、ペーパーナイフのようなアームが特徴のソファです。
 
同氏デザインのNo.42チェアと並び、世界中に数多くのファンを持つソファです。
私たちは、このソファの復刻を熱望し、2004年の秋、ついに日本で復刻を果たしました。
 
人間工学に基づいた、座面と背面クッションの角度。どこから見ても隙のないシルエット。
その計算された美しさは、デザインから60年以上たった今でも、私たちを魅了してくれます。
 
日本の住宅事情にも合う、小ぶりなサイズも人気の一つです。
 
後世に必ず引き継がなければならない、デンマークデザインの名作です。
 
 
ペーパーナイフソファ詳細はこちら>>

 

PK-170312-02

PK-170312-00


No.42 Chair / Kai Kristiansen / 1957

y-170224-01
 
1957年、Kai Kristiansen(カイ・クリスチャンセン)氏デザインによる、ダイニングチェアです。
 
50年以上の時を経て、日本で復刻した際、座面に新素材を採用したことで、居住性の高さはオリジナルを超えるものとなっています。
 
可動式の背もたれと、ハーフアームから一体となった後脚、座ったときに思わずため息が漏れる座り心地は
他の椅子を探しに来た方が思わず惚れ込んでしまうほど。
 
昨年に木部のフレームをより繊細に、オリジナル初期モデルに近づけたことで
より美しいシルエットになりました。
 
y-170224-00
 
デザイン性、機能性を併せ持つ、誰もが納得する北欧の名作チェアの一つです。
 
 
No.42チェアの詳細やご購入はこちら>>


ヴィンテージシステムシェルフ

Vintage System Shelf
(ヴィンテージシステムシェルフ)

すっきりとしたデザインながら、チェストのつまみや、引き出しの仕様はヴィンテージ品ならでは。

棚板と、小サイズのチェストは、取り付け位置を自由に変更することができます。
ブルーグレーのファブリックパネルは、プールアニックオリジナルです。

詳しくはこちら>>


プールアニックオリジナルソファ『Styles in NORTH』

north170310-01

1950年代に誕生した多くのモダンなデザインの家具たちは今も色あせることなく、世代を超えて使い続けられています。そこにヒントを得て、生まれたプールアニックオリジナルソファ『Styles in NORTH』。
 
north170310-02

north_01
 
繊細かつ、のびやかなアームの曲線美と、計算されたクッションの傾斜による、高い居住性が特徴のソファです。
 
木の種類と、生地をお好きな組み合わせで作ることができます。
 
 
Styles in NORTHの詳細はこちら。


無肥料自然栽培家族「そよかぜ農園」 “オイルのこと。”

soyokaze-002
無肥料自然栽培で野菜を生産している、そよかぜ農園。
 
soyokaze-000
「安全で健康な、美味しい野菜を作り続けることはもちろん、野菜を作ることも生きるということの一部だと捉えて、仕事以外の生活も豊かなものにしていかなければならないと感じています。そうして作った野菜を食べていただくことが、自分の野菜作りに対する想いを伝えることにつながると思っています。」
 
『オイルのこと。』のコンセプトでもある、健康で美しい生活をおくること。
コラム第二弾は、その生活をまさに実践されている、そよかぜ農園の大谷さんにお話を伺ってきました。
 
 
無肥料自然栽培家族~そよかぜ農園~
コラムを読む>>

soyokaze-005


南部鉄器が入荷しました!!

nanbu-170228-00
 
お待たせいたしました。岩手の伝統工芸、南部鉄器が再入荷しました。
2017年の干支でもある、鳥のオーナメントをはじめ、お香入れとしても人気の、ひとり灰皿などが入荷しています。

nanbu-170228-01
 
現在、生産が追いついておらず、次回入荷は半年以上も先となっています。
この機会をお見逃しなく!

 
 
 
南部鉄器の詳細はこちら。


SOLID PANEL TABLE “WALNUT”



鋸目(ノコメ)や節を活かし、無垢材のパネルを不規則に接ぎ合わせた天板が特徴のテーブルです。

プールアニックでも人気の木材、ウォールナットは、使い込むほどに、美しい飴色に経年変化していきます。

日本の高度な職人技術を用いて丁寧に作られたテーブルです。



SOLID PANEL TABLE
(ソリッドパネルテーブル)

樹種はウォールナットとオーク、
円形天板と長方形天板から、サイズと脚の組み合わせをお選びいただくことが可能です。

(1枚目写真は、ウォールナット材長方形天板と古材クリ脚タイプの組み合わせ。
2枚目写真は、ウォールナット材円形天板と円形天板用木脚タイプの組み合わせです。)

詳しくはこちら>>


SOLID PANEL TABLE

  SOLID PANEL TABLE(ソリッドパネルテーブル)

鋸目(ノコメ)や節を活かし、無垢材のパネルを不規則に接ぎ合わせた天板が特徴のテーブルです。

無垢材のパネルの接ぎ部分には、実(さね)と呼ばれる平たい金属のパーツを入れることで、
強度を保ちながら、 反りの発生や隙間が空いてしまうことを防ぎます。
仕上げは、ウレタンを先に染み込ませてから、手作業で磨き上げた後、オイルを塗布することで、
木の持つ表情・質感を損なうことなく、 水や汚れに強いものとなっています。

天板はもちろん、脚部に至るまで、日本の高度な職人技術を用いて丁寧に作られたテーブルです。   樹種はオークとウォールナット、
円形天板と長方形天板から、サイズと脚の組み合わせをお選びいただくことが可能です。
(写真は、オーク材円形天板と鉄4本脚タイプの組み合わせです。)